I had A done「私はAを…してもらいました」を英語で言ってみよう

「私は自転車を修理してもらいました」「私は肩を揉んでもらいました」というような「私はAを…してもらいました」の表現は、日常的によく使うものですが、実は英語で言うのは難しいと感じる人も多いようです。私も英語が得意でなかった頃は、避けていた表現です。

自分を主語にするけれど、その行為を行うのは自分ではないので「主語 + 動詞 + 目的語」の基本的な文型では表せないということになります。ここでは have A done(動詞の過去分詞形) という形の、高校卒業までまじめに英語を学んだ人でも使いこなせるかどうかという構文を使います。

初めのうちはややこしいと感じますが、使えるようになれば一気に英語で話せる範囲が広がります。ここでは写真(または絵)を見て「私はAを…してもらいました」の英文を作る練習ができるページを用意しました。英語・英会話を独学している方や、お父さんお母さんがお子さんに英語を教える場合などにも利用してもらえたらと思います。

英語表現「私はAを…してもらいました」(1)
次の写真の女性に自分をあてはめて「私はAを…してもらいました」という英文を作ってみましょう。 「I had A done(動詞の過去分詞形)」の形を使います。...
英語表現「私はAを…してもらいました」(2)
次の写真を見て「私はAを…してもらいました」という英文を作ってみましょう。 「I had A done(動詞の過去分詞形)」の形を使います。 I had (...
英語表現「私はAを…してもらいました」(3)
次の写真の女性に自分をあてはめて「私はAを…してもらいました」という英文を作ってみましょう。 「I had A done(動詞の過去分詞形)」の形を使います。...
英語表現「私はAを…してもらいました」(4)
次の写真を見て「私はAを…してもらいました」という英文を作ってみましょう。 「I had A done(動詞の過去分詞形)」の形を使います。 I had (...
英語表現「私はAを…してもらいました」(5)
次の写真の女性に自分をあてはめて「私はAを…してもらいました」という英文を作ってみましょう。 「I had A done(動詞の過去分詞形)」の形を使います。...
英語表現「私はAを…してもらいました」(6)
次の写真の女性に自分をあてはめて「私はAを…してもらいました」という英文を作ってみましょう。 「I had A done(動詞の過去分詞形)」の形を使います。...
スポンサーリンク