目的・夢についての英語表現

夢のような考えが、ちらっと心をかすめた。
A fanciful idea flitted through my mind.

ここに述べるのは、目標に向けてのきわめて重要な2つのステップである。
Here are two essential steps to the goal.

たとえどんなに難しくても、私はその仕事をやろうと決心した。
No matter how hard the job might be, I made up my mind to do it.

彼らは1つの楽器を習得しようと決心した。
They were determined to master an instrument.

仕事に行くという、より大きな目的の中に、より小さな目的がある。
Within larger objectives, such as getting to work, are smaller ones.

もし意識的な目標がなければ、無目的になり、ほとんど何も達成できないだろう。
With no conscious objectives you would be aimless and achieve very little.

仕事が人生の目的ではないのは、遊びがそうでないのと同じだ。
Work is not the object of life any more than play is.

私は将来、ロサンゼルスで働きたい。
I want to work in Los Angels down the road.

人は希望をなくす必要はない。
One need not lose hope.

たとえ単にくつろぐためだけであっても、いつも目標があるのだ。
You have objectives all the time, if only to do nothing but relax.

私の一つの願いは、孫を見るまで生きていたいということです。
My one hope is that I can live to see my grandchildren.

スポンサーリンク