徒歩に関する英語表現

ものの2マイルも歩くと、私たちはその建物のところまで来た。
A walk of some two miles brought us to the building.

道路を渡ってはいけません。信号は赤です。
Don’t cross the road. The light is red.

私はいつも徒歩で通学する。
I always walk to school.

私は道路を歩いて渡りました。
I walked across the road.

私は川辺に沿って歩きました。
I walked along the river.

私は歩いて森を通り抜けました。
I walked through the woods.

徒歩では30分かかるが、車で行くなら10分だ。
It takes about 30 minutes on foot, or 10 minutes if you go by car.

徒歩でそこへ行くのは不可能です。ここからはあまりにも遠く離れています。
It’s impossible to get there on foot. It’s too far away from here.

彼女は門の方へ歩いて行きました。
She walked toward the gate.

5キロ歩かなければならないなんて、考えただけでもいやになる。
The bare idea of walking five kilometers is too much for me.

彼らは広い大通りを歩いて行きました。
They walked down a broad avenue.

会議に間に合おうとしているならば、速く歩くのは時間を効率よく使うことになりますが、公園で散歩しようとするならば、せっかちさの表れです。
Walking faster is time-efficient when one is trying to make a meeting, but it’s a sign of impatience when one is going for a stroll in the park.

有紀は最終電車に間に合うように、できるだけ速く歩いた。
Yuki walked as fast as possible to be in time for the last train.

スポンサーリンク