戦争関連の英語表現

反乱軍と政府軍の間に戦闘があった。
There was a battle between rebels and government forces.

私たち日本人はいかなる種類の戦争にも巻き込まれたくない。
We Japanese don’t like to get involved in any kind of warfare.

反戦集会に多くの学生が参加した。
A lot of students attended the antiwar rally.

戦争が長引くにつれ、ホームシックになる兵士が増えた。
As the war dragged on, more soldiers became homesick.

彼は著書の中で戦争に対する強い嫌悪感を表した。
He expressed his deep loathing of war in his book.

彼は戦争中、何十人もの人をかくまった。
He harbored dozens of people during the war.

彼は両国間の国境紛争を仲裁しようとしている。
He tries to mediate the border dispute between the two countries.

敵は彼を横やりで突いてきた。
His enemy attacked him from the side with a spear.

私は戦争が大嫌いですし、その代償がどんなに大きいか、身をもって知っています。
I hate war, and I know very personally how terrible its costs are.

どんな国でも武器を無差別に使用することはまず考えられない。
It is highly unlikely that any one country will use its weapons indiscriminately.

戦争犠牲者に関する報道を読むととても胸が痛む。
It is very distressing to read the report on the war victims.

日本は永久に戦争を放棄した。
Japan forever renounced war.

その戦闘で多くの兵士が亡くなった。
Many soldiers died in the combat.

極度の貧困状態ある人たちの中には、エイズや干ばつ、孤立、内戦などに苦しみ、それゆえに貧困と死の悪循環の中に閉じ込められている人々が多い。
Much of the humanity in extreme poverty suffers from AIDS, drought, isolation and civil wars, and is trapped in a vicious circle of poverty and death.

反乱軍が投降した後も、散発的な戦闘が続いた。
Sporadic fighting continued after the rebel army surrendered.

戦闘は中断することなく一日中続いた。
The battle continued without respite all day.

日本人の間には核アレルギーが強い。
The Japanese people have an antipathy to nuclear weapons.

その国の軍事費は年に15パーセント伸びている。
The military expenditure of the country is going up 15 percent a year.

平和を愛好していない人はいない。
There is no one but loves peace.

スペイン内戦が第二次世界大戦の発端となった。
The Spanish Civil War was the preface to World War Ⅱ.

戦争のことを考えるとあまりにも恐ろしくて、可能性を受け入れられない。
The thought of war is too dreadful to contemplate.

戦争はようやく終わりに近づこうとしていた。
The war finally began to wind down.

仮の話ですが、戦争が起きたらどうしますか。
What would you do if war were to break out?

スポンサーリンク