読書関連の英語表現

この本を読んだおかげで、カナダの生活がいくらかわかった。
This book gave me some idea of life in Canada.

この本は何回も繰り返し読む価値がある。
This book is worth reading over and over again.

昨日の時点で、そちらに注文した本が届いておりません。
As of yesterday, the books I ordered from you have not arrived.

本の隅を折らないでくれよ。
Don’t dog-ear the book.

あなたは歴史に関する本をたくさん持っていますか。
Do you have many books on history?

その本を読み終えたら、私に返してください。
Give the book back to me when you have done with it.

祖母はメアリーに物語を読んでやった。
Grandmother read Mary a story book.

その本を私に取って。
Hand me that book.

一度に何冊借りられるのですか。
How many books can I check out at a time?

私はこの本をよく読まなかったのですが、ざっとは読みました。
I didn’t read this book carefully but I skimmed through it.

何でもいいから気に入った本を読むと言うのが、良い考えだとは思いません。
I don’t think it a good idea to read whatever book we like.

その本を読んだら、思っていたよりもずっとおもしろかった。
I found the book much more interesting than I had expected.

いい本が読みたいと思います。
I have a passion for good books.

私はこの本のどちらも読んだが、どちらもおもしろくない。
I have read both of these books, but neither is interesting.

私は今までこんなにおもしろい本を読んだことがない。
I have never read so interesting a book as this.

私はこの本を暗記しています。
I know this book by heart.

大切なのは何を読むかではなく、どう読むかだ。
It is not what you read but how you read it that counts.

それは私が読むには難しすぎる本だ。
It is too difficult a book for me to read.

この本を読み終えるのに、思ったより3倍も長く時間がかかってしまった。
It took me three times longer than I had thought to read this book.

私はウィル・ハーバーグの書いたアメリカの宗教の本を何冊か読んだことがあります。
I’ve read some books on religion in America written by Will Herberg.

明日は読書に専念したいと思います。
I want to devote myself to reading tomorrow.

その雑誌を毎月あなたに送るように手配しましょう。
I will arrange for the magazine to be sent to you every month.

松田さんは毎週、20冊も本を読む。
Mr. Matsuda reads as many as twenty books every week.

人類に対してこれほど影響を与えた本はない。
No other boo has exerted such a deep influence upon mankind.

日本の漫画ほどおもしろいものはない。
Nothing is more amusing than Japanese comic books.

私が読む前にこの本の内容を言わないでください。
Please don’t tell me what happens in the story before I read this book.

詩は強い感情が自然にあふれたものである。
Poetry is the spontaneous overflow of powerful feelings.

へたな文章は読む者を当惑させる場合が多い。
Poor writing often confounds the reader.

そのような文章は、どこか魅力がなく、生命の通った感じがしないのです。
Such a text somehow lacks in appeal and vitality.

彼女がその本を読んだのは、それが3回目だ。
That was the third time she had read the book.

その本は注文中です。
The book is on order.

その本は飛ぶように売れています。
The book is selling like hot cakes.

子どもたちは、私が三匹の熊のお話をしてあげると約束していたことを私に思い出させた。
The kids reminded me that I’d promised to tell them the story of the three bears.

この版はもとの本文を完全に再生している。
This edition reproduces the original text in full.

今日、読書は昔ほど重要でないと考える人たちもいる。
Today there are some people who think reading is not so important as it used to be.

文章も文法的な間違いはない、論理もちゃんとしている、冒頭から結論までの道筋もとおっている、それでいてどうも説得力がない、迫力がない、といった文章にぶつかることがあります。
We sometimes come across writing that is grammatically correct, entirely logical, and well organized from the beginning to the end and yet is not persuasive or impressive.

あなたはこの本を最初から最後まで読むべきだ。
You should read this book cover to cover.

スポンサーリンク